岡山県水難救済会
水難救済会は、漁業関係者やマリーナ関係者などで構成される「海難救助ボランティア団体」です
岡山県水難救済会 事務局
岡山市南区郡2番地
(マリーナ岡山内)
事業の概要 設立及び沿革 岡山県水難救済会 組織 海難救助・防災事業 海難救助訓練・防災訓練事業 水難救済思想普及事業
若年齢層に対する海浜事故防止のための出前講座
例年、マリンレジャー活動が活発化する夏季におきまして、全国的に小中学生等若年齢層における水難事故が多く発生しています。
これら痛ましい事故を未然に防ぐため、また、万が一発生した場合にも自身が適切に対処し、最悪の事態を回避することができるよう、海上保安部等の協力をえて、若年齢層(小学生)を対象とした出前講座を開催しています。
出前講座は、これまで、学校のプ-ルまたは 海浜等を活用して行なっています。


おかやまライフガードレディースの発足
岡山県水難救済会の海難防止思想普及事業の一環として「ライフジャケット着用率向上」に取組むこととし、特に漁業関係者のご家族、妻や母親等の女性からの訴え掛けが最も効果的であるとの考えから、岡山県漁協女性部の総意・賛同を頂き、平成21年「ライフジャケット着用推進員=ライフガードレディース」を委嘱し「おかやまライフガードレディース」(以下「LGL」という。)が発足。女性の活力を生かした着用推進活動を広く展開し、平成22年6月からは、岡山県水難救済会賛助会員となり活動中であります。


【LGL設置漁協(平成27年6月現在)】
日生町漁業協同組合女性部 84名
邑久町漁業協同組合女性部 57名
胸上漁業協同組合女性部 26名
下津井漁業協同組合女性部 15名
寄島町漁業協同組合女性部 43名
大島美の浜漁業協同組合女性部 13名
大島美の浜漁業協同組合女性部(美の浜支所) 8名
笠岡市漁業協同組合女性部(白石島支所) 9名
255名


PDFファイルがご覧頂けない場合は、Adobe社の Adobe Readerが必要になります。 最新の Adobe Readerは Adobe社のウェブサイトより無料でダウンロード可能です。
事業の概要設立及び沿革岡山県水難救済会組織海難救助・防災事業水難救済思想普及事業その他LinkHOME
Copyright (C) 2011 岡山県水難救済会